臨界事故に見るべきもの

「被爆した人はチェレンコフ光が肉眼で見えちゃったんだって・・」

研究者仲間でそんな話をしていた事がある。

知り合いの教授に言わせれば、この世で最も美しい光が・・そのチェレンコフといわれる青い光であるそうだ(冷却水に沈められた原子炉付近が青く光って映るあれである)。美しいその光の恐ろしさについて、簡単な解説をしておく・・

粒子が光速を超えて進む場合・・ちょうど音速を超えて衝撃波が生じるように・・チェレンコフ光を発する。物質が光速を超えるというケースは、相当なエネルギーレベルの話である。

光が水中に入射するとその屈折率によって、光は減速する。しかし(真空中)光速(c)に近い速度まで加速している粒子は、光ほどに減速はしない。そうした状況下においてチェレンコフの発光現象が起きる。

スペースシャトルの乗組員がこれを見ると聞く。光速度の宇宙線(ガンマ線)が目の中の水晶体を通過する時、そのチェレンコフを発光し、目をつむるとちかちか輝いて綺麗なのだそうだ。

超高速度においては、チェレンコフ光がその物質とほぼ同方向に進むという特徴を利用し、私自身、粒子同定のチェレンコフカウンターという物理測定機器を加速器研究時代によく用いたものではある。だが・・当然ながらにそんな代物を肉眼で見たためしはないし、恐ろしくて見ようとも思えない。

これを肉眼で見てしまった・・というのだからJCOの臨界事故は壮絶なものであったに違いない。そして20svの被爆(8sv以上の被爆をすると人間の致死率は100%)をした大内さんと、負け戦を始めた医療チーム・・

朽ちていった命―被曝治療83日間の記録 Book 朽ちていった命―被曝治療83日間の記録

販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この本は、被害者である大内久さんとそれを治療した東大病院スタッフ達の83日間の戦いをリアルに追ったドキュメントものである。

壮絶な放射線治療の現場と、その医療とは一体何であるのか?という哲学的主題が中心に添えられている。と同時に、家族との愛情の深さとその命の叫び、さらには、世へ向けた原子力利用に対するアンチテーゼまでもが短い本書の中に包摂されていると言ってよい。

人間が朽ちていくという・・過去のどんな歴史上にも登場することのない拷問劇の体験者とその観察者、治療者を描く事により、本書は放射線治療とは何なのであるのかを訴えるわけであるが・・これは私の専門域ではないので今日のところはその考察を留めておく事にする。

どうしてこんな悲惨な事故が起こってしまうのだろうか・・ここらへんをスポットとして、私としては考えを進めたいと思う。



このドキュメントを読んでみて気付くのは・・今までだってわかっていたはずの事ではあるが・・我々日本人は、皆、大内さんなのではなかろうか?・・そのような懐疑と不安である。

大内さんの妻が裁判で下のように証言している。

夫は日ごろ自分の仕事は危なくないと言っていたが、仕事の危険性をよく理解していなかったのだと思う。今では夫は会社に殺されたのだと思っている

臨界点(核分裂が始まる状態)に達するという事は、それなりの知識と技術を必要とするはずの出来事ではある。しかしながら、一定量を超えたウランを同時に取り扱うならば、その事がどれほど危険であるかくらいの認識がなかったのだろうか・・。

生身の人間が高濃度のウラン溶液をバケツにて混ぜ合わせ加工作業をする・・私には信じられないどころか、狂気に溢れた架空世界の話のようにしか思えない。百歩譲ってそんな話が現実にあると考えたとしても・・技術先進国であり、人権を憲法に明記する日本で起きる事なのだろうか?


ウランやプルトニウムが臨界点に達するという事は、つまりは、核爆発が起きるという事である。普通に生活している中で出会う事がありえないくらいの“危険”さであるはずなのだ。

とは言及してみるものの、我が国はそのエネルギーの多くを原子力発電によって賄っているのである。確かに発電所の原子炉は放射線が漏れないように厳重に遮蔽されているのだが、では本当に危険は全くないものなのか?そしてそれを国民が理解しているだろうか?・・と考えれば疑わざるを得ない。

かく云う私自身も、現存の原子力発電所にどれほどの危険性があるのかを定量的に知る事はない。過去の原子力事故として有名なものの中に、スリーマイル島原子力発電所事故やチェルノブイリ原子力発電所爆発事故があるが、こうした事が日本にも転移して起きない可能性を緻密に論じれるほどの知識を、残念ながら私自身も持ち合わせていないのである。

ただ直感だけで表現するならば、起きない・・そう断言できるものでは決してないだろう。核エネルギーの制御というのはそういう類のものであろうから・・制御棒がうまく作動しなければ、原子炉の中の冷却水が流れ出てしまったら・・自然災害の多いわが国において、100%確実な議論などできないように思えてしまう。


そう思いながらも、我々は原子力に依存し、その危険性を少なくとも知っているかのようなふりをして、平気な顔で暮らしているのである。原爆被害国とは名ばかりではないか・・あれほどの原爆障害の悲劇があったというのに・・どこかが麻痺しているのか、それとも恐怖を恐怖と感じられない病的症状なのか、どちらかなのではないだろうか。

この本を読み終わってみての感想は、そういった不安と無念が交じり合ったものであった。自分らも大内さんと同じく、(大内さんの妻が語るところの)危険性を正確に認識できていないうちの一人なのではないだろうか・・と。



最近は、地球温暖化の話がヒートアップしてきており、二酸化炭素を排出する事の悪性が強く議論されている。しかし、火力発電を減らすという事は・・原子力発電を増力する事に他ならないという事についてはあまり語られない。

実際のところ・・世界中の原子力発電所建設の受注は増えている。この事実は、環境破壊に対する大きな矛盾とはいえないのであろうか?

地球温暖化の原因を二酸化炭素の排出量と特定する事に、最初の疑義がある。確かに二酸化炭素には温室効果なるものがあるそうであるが、地球全体の空気中のわずか0.03%の気体によって、地球自身はそれほどに温室化するのであろうか?

当然ながら、専門家の中でこの意見は大きく分かれている。二酸化炭素の排出量と現在の地球の温暖化の因果関係を直接的に導き出せる科学者はいないであろう。何故ならば、地球自身がそもそも生きているのであり、長い年月の間、その体温調整が行なわれているわけでもあって、この事を結論づけていう事はできないのである。

核融合研究を志していた頃、私は、地球の放射エネルギーと生産エネルギーを手計算にてしたことがある。それによれば、地球の放射エネルギーというのは莫大な量であり(人間の生産エネルギーの約1万倍)、即ち、それと釣り合っている地球の内部エネルギーと太陽エネルギーの量も膨大なものであるはずだ。このエネルギー計算を定量的に、そして多変量解析を用いて今の科学が処理できるか?・・私には甚だ疑問なのである。

地球温暖化の話をしたいのではないので、話はこのくらいで留めておく。


では何故、環境破壊の曖昧な要因である二酸化炭素を減らす事に対して世界が努力する姿勢を見せる一方で、決定的な環境破壊因子である原子力については、依存していこうとするのであろう?

いくつか理由があろう。

世界規模のムーブメントとなった二酸化炭素削減運動は、実は、削減自体に経済効果を持っている。省エネ対策と銘打てば、そこに付加価値を生み、行政による規制がかかれば大きな経済需要が見込まれるのである。

であるから・・これを政治利用しようという輩が増えている。世界はクリーンになり、経済的なメリットもあり、自らの懐も潤い、さらに自分の政治プロパガンダにも利用できる・・といったところだろうか。

一方で、原子力の利用はどうかといえば、原子力建設自体が大きなビジネスであり、世界規模のエネルギー不足がいわれている昨今において、原子力をやめろと声を大きはくしない。原子力発電をやめることのメリットがないのである。生成してしまえば処理する事が困難な放射性廃棄物が大量に出るにもかかわらず・・・だ。

さらに、原子力発電をする事は、プルトニウムの製造に繋がる。これは、核兵器製造を意図する国家としては、見逃す事のできない旨味なのであろう。日本においても、この原子力発電のノウハウがある事によって、核兵器開発能力の内外への政治的なメッセージを示している。



このような理由から、害毒著しいはずの原子力の危険性について我々はたびたび無視させられるものの、二酸化炭素排出による地球温暖化は必要以上に叫ばれているような気がしてならない。二酸化炭素の排出量が削減される事自体、森林伐採量が削減される事自体は、歓迎すべき事であろうが・・。

地球温暖化も、環境破壊も由々しき事であり、我々はそれらを阻止していかなければならない。しかし、それを阻止するからという事で、原子力行政を推進するというのは、あまりにも危機意識に欠けすぎているのではないだろうか・・と思うのである。懸案事項の順位が逆ではないか・・という事である。

50年後には、南国の島が水没してしまうという宣伝がされる・・本当だろうか?それよりも、近未来の10年のうちに、隣国の中国では原子力発電所が20基以上も建設されるそうである・・こちらの方がよっぽどリアルな話なのではないだろうか?


今でもロシアのチェルノブイリ近郊(半径30キロメートル以内)には立ち入ることができない。放射化が酷く、その浄化にはどれくらいの年月がかかるかもわからないという。

その大地には生物が住む事は当分許されないのである。

チェルノブイリ事故による原爆症の被害者は、数万人にのぼるといわれる(細かく算定すれば100万人を超えるのではないか・・)が、統計がどれも曖昧である。周辺地域の家畜は、みな汚染され、肉やミルクまでもが汚染化したために、それを食べた人たちが、放射性物質を体内に取り込み被爆している。

汚染化した砂塵は北半球全体を覆ったともいわれている。そして木も、湖も、汚染化した。その影響を我々はどのようにして知れば良いだろうか。癌の発生率が高くなった・・という事で知れば良いのだろうか?


核兵器に使用されるプルトニウムの語源をご存知であろうか?

プルトーとはローマ神話の冥界の王であり、プルトニウムとはそのプルトーを語源としている。人類はその悪魔をこの世に誕生させ、そしてそれをあたかも都合のよいように利用しているつもりでいるのだろうか。



私が尊敬する科学者の、ハイゼンベルグ、ボーア、アインシュタイン、フェルミ、ファインマン・・彼らによって核力が生み出された。原子爆弾を作ったのも彼らである。それらは過ちであった・・そう思う一方で、その責任の全てが彼らに起因するものではないのだ、とも私は考えている。(参照:マンハッタン計画 )

何故ならば、たとえ彼らがこの世に存在しなかったとしても、人類はいずれ核力の発見をしたに違いないからである。やはり誰かが、冥界の王をこの世に蘇らせてしまうのである。

しかし今度は、この冥界の王を再び眠りにつけなければいけないのではないか・・それが科学者の使命である気がする。そして、それが地球を守るという事、愛すべき大切な人を守るという事・・なのではなかろうか。


(大内さんには申し訳ないが)大内さんの死は、強烈なメッセージとなって我々に何かを投げかけているような気がする。我々が為すべき事、為さざるべき事・・それらが見えてくるようである。このドキュメントを我々は手に取り、そして肌でその身の危険を感じるべきである。

自分達も、バケツでウラン溶液を混ぜ合わせているような現状にある・・という事に気付かなければならないのではないだろうか。確かに臨界点に達しなければ問題ない(核が暴発しなければ問題ない)・・けれどその臨界点がどこにあるのか、やはり我々は教えられていないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンハッタン計画

スミソニアン博物館に展示されるエノラゲイを見ようとニューヨーク行きを考えたのは、昨年の秋の話であった。ところが、都合を合わす事ができず(実際のところは忙しくて)、それはまたの機会という事になった。そのうち行こうと思うのだが・・・

タイトル「マンハッタン計画」は、第二次世界大戦中に米国が行った原爆製造研究のコードネームを指す。ナチスドイツに核兵器開発において先を越される事を危惧したハンガリー人のレオシラードが、アインシュタインを説き、ルーズベルト米大統領に進言させたというものが事の発端と言われる。

「ドイツはチェコスロバキアの鉱山から産出するウランを売ることを事実上停止した」また、「ベルリンでは・・・・米国が行っているウラン研究のうちの幾つかが反復して実施されている」。アインシュタインはそう報告したそうだ。

ルーズベルトの号令の下に多くの科学者が集まり、マンハッタン計画はスタートする。そして、終戦までに3つの原子爆弾をこの世に誕生させる。一つ目が、実験に使用された
ガゼット、残り二つは日本の大地でさく裂したリトルボーイ、ファットマンである。

このマンハッタン計画は、その実験の成功によって終わるべきものであった。いや・・本来ならばナチスドイツが5月に降伏をした時点で、その兵器としての使用がその計画の趣旨からして封じられるはずのものであった。しかし、その年の4月にルーズベルトが突如この世を去り・・秘密計画を知らされた次期大統領トルーマンらによる協議結果とは、原子爆弾の日本戦への転用であった。


1945年の7月16日、
ニューメキシコ州アラモゴード付近のアラモゴード爆撃試験場でついに、世界最初の核実験が行われる。プルトニウム型の原子爆弾の有効性に疑問を抱いていた科学者ら(ウラン型には自信があった)は、実験計画のコードネームをトリニティーとして、ガゼットを爆発させた

マンハッタン計画に参加した科学者達は、主にナチスドイツの脅威を受けたヨーロッパ大陸からの移民であった。そのため、5月のドイツ降伏を受けて、この実験の意義を考えたという話も残るが、実験の成功を目前に控え、そうした哲学的思想のほとんどが忘却されたに違いない。またはそう考える事が平和に繋がる、また科学者の務めとしたのであろうか・・彼らはトリニティー実験に向けて、対日戦線の末期、最後の精力を尽くすのであった。

エンリコ・フェルミ等の尽力によりトリニティーテストは無事に成功する。しかし、その想像を超えた成果を目の当たりにして人間に立ち戻った科学者達は、人類への使用を控えるべきであると運動を始める。

しかしながら、二十億ドルを超える莫大な予算を投入してようやく手にした超新兵器を対日戦線へと投入しないというのは、トルーマンにとってのばかげた話であったろうか。それは、アメリカのパワーを世界に見せつける示威的行為、長引く戦争と犠牲による厭戦ムードが覆っていたアメリカ国内に対する政治活動に利用された。

日本の降伏が迫り、トルーマンはリトルボーイを積んだエノラゲイを広島の空へ飛ばすよう命じた。これはロシアへの牽制行為という、明確な政治目標を含んでいた。科学者達、また陸海軍の将校たちは、公開実験をする事で日本にその爆弾の威力を見せ付けるべきだと何度も主張するのだが・・

その目標点となったのは広島市の相生橋であった。候補地選びとしては、この広島に加え、京都、新潟であった。京都という目標は、その後の占領政策を考え、小倉に変更され、最終的には、長崎に変更となった。

4トンのウラン型原子爆弾リトルボーイは、相生橋から南東方向に少々ずれた島病院の地上580mで太陽へと変化した。その時の温度は太陽表面の数倍であり、一瞬にして半径300メートル大の火の玉になったという。

これを見た人たちが「空にもう一つの太陽が現れたようだった。」と言うのは、計測上も間違っていない事になるだろう。この火の玉の中にいた人は2万から 3万人と言われ、「あ」っと叫ぶことなく、昇華したといわれている。高熱と爆風により、石に人が黒く焼き付けられたりもした。その地上に生息する全ての生き物が一瞬にして絶滅したのだった。

Pc01 と同時に、数万度の熱線とガンマ線が同心円状に飛び散り、その強烈な放射線を受け、死者は一瞬にして7万人へと膨れ上がる。半径2キロ以内の家屋を全てなぎ倒し、その爆風と放射線は広島の山に2度3度と跳ね返り、市内で生き残っている人々を再三襲ったという。

さらにその後、放射能に汚染された死の雨と呼ばれる黒い雨がその大地に降り注ぎ、後 世にまで残る放射能汚染の被害や遺伝子障害までをも引き起こしたとされる。このため、1945年12月末までの死者が14万人に到達し、その後の5年間でさらに6万人の人々が被爆により死んだといわれている。

G1_1 B29の3編隊のうちの一つ「ネセサリー・イービル」は、この原爆の様子をカメラに収める ために広島上空にとどまる。その写真が広く公開され、誰もが一度は目にした事のあるだろう、広島上空のきのこ雲映像となる。

続いて、1945年8月9日、B-29“空の要塞”がプルトニウム型の原子爆弾“ファットマン”を長崎に投下する。上空の雲が邪魔をして投下する地点を誤ったために犠牲者が減ったとされるもの、1945年末までで、この原爆により長崎市民7万人が犠牲となったといわれる。


ここから少し私の話をする。

大学時代、ファインマン などに憧れ、私は素粒子物理学の研究に自分の時間を費やした。そして、いくつかの好機に恵まれて、米国のフェルミ国立加速器研究所 で客員研究員として働く事が許され、博士課程在学中に海を渡ったわけである。

この研究所は、物理学への貢献に多大な寄与をしたエンリコ・フェルミ を称えて建設されたものである。その当時の私は胸を躍らせながら、目の前の物理に対峙し、ファインマンや、フェルミに大きな憧れと敬意を持っていたはずである。

フェルミは、開戦の前に原子核物理学での功績によってノーベル賞を受賞し、その後、世界初の原子炉を完成する。これは原子爆弾の燃料であるプルトニウム生成を可能とさせた。ファインマンは、戦後の素粒子物理学への多大な貢献という事で、日本の朝永振一郎とともにノーベル賞を受賞している。

その一方で、この両人はマンハッタン計画の中心的な人物であり、多大な貢献をした人であった。ファインマンは、ウランやプルトニウムの臨界量を計算し、その設計に尽力をした。フェルミは前述のように、トリニティーテストの中心人物であった。当時、核分裂の権威でもあったフェルミの力なくして、この計画は進まなかったとも言えるであろう。

マンハッタン計画の科学指導者であったロバート・オッペンハイマーは、トリニティーテストの後、そして終戦後に次のように言ったといわれている。

私は破滅、世界の破壊者、を迎えた。

科学の深層はそれらが価値があるが故に見出されず、それらを見出すことができるが故に見出される、ということは深遠で必然的な真理である。


フェルミは、広島や長崎の報を聞いて、部屋に閉じこもりだったといわれている。そして、口を開くこともなかったようだ。

アインシュタインは、自分のした事を悔いた。


今朝、北朝鮮で正体不明のミサイルが次々と日本海に向けて発射された。当時の科学者達は、その後の世界の様相をどのように天国で見ているのだろうか。彼らは科学の熱心な信者であり、その輝かしい才能を持ち、独自の正義感を持ったが故に、苦心したに違いないし、その過ちに時間をかけながら気づいた事であろう。

だがしかし、人類の科学というのは不幸なもので、自分が抜けたとしても勝手に進歩するものなのである。稀代の天才と言われたフェルミが欠けたとしても、原子爆弾は製造されたに違いない。その不幸は現在も変わらない。

寝る時間も無く、夢中になって研究をしていた頃の自分を思うと、こうした悲劇に、特別の感情を私自身が抱かずにはいられない気持ちになる。科学者は何のために生きるのだろうか?


1948年に米陸軍参謀長オマール N.ブラッドレーはこう話す。

我々には科学者は大勢いるが、神となる人は少数しかいない。我々は原子の神秘を手に入れたが、山上の垂訓を拒絶した。世界は英知なしで繁栄を、良心なし で権力を得た。我々は核の巨人と倫理の幼児の世界にいる。我々は我々が平和について知っている以上に戦争について知っており、生きていくことを知っている 以上に殺すことを知っている。

科学の能力とは、人を活かす事も、殺す事もできるという事である。そして、それを実施発揮するのは、個人ではなく、集団の価値であり、そこに倫理観が付随するとは限らないわけである。

さらに、エノラゲイ搭乗員たちの多くの意見を紹介する。

「だれかが『この戦争は終わった』と言った。私もそう思った」
セオドア・バン・カーク

「多くの人々が死んでいっているのは分かっていた。喜びはなかった」
モリス・ジェプソン

「我々はなすべきことをしたと思う。作戦に参加できて幸運だった」
フレデリック・アシュワース

「こうしたものを使わなければならない時は二度とあってほしくないと思った」
チャールズ・アルバリー

彼らの主張は、その行為そのものに間違いはなかったといったものであり、そうしたたくさん の賞賛ある紹介がスミソニアン博物館にエノラゲイと共に記されているという。

本当に戦争が終わったと言えるのか・・・その後の歴史を考えれば、その理屈の間違いに気づく。そして、一番問題であるのは、これを是としてしまう事であろう。これを是とし、また正義を振りかざすがために、今日も米軍は変わらずに世界の各地で殺戮を繰り返している。

また、北朝鮮から逆にミサイルを突きつけられる始末となる根本は、ここらへんにあるに違いない。人類は何も変わってはいない。力だけは肥大化しても、知性が幼稚であるゆえ、同じ事を繰り返すのである。これを悲しみと云わずして何と表現したら良いものであろうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)